サッカー日本代表にもハーフ化の波。U-19では6人が選出

サッカー日本代表にもハーフ化の波。U-19では6人が選出

サッカー日本代表にもハーフ化の波。U-19では6人が選出の画像

◆日本代表にも迫るサッカー国際化の波

 ついにサッカー日本代表にも国際化の波が迫っているかもしれない。

 代表格と言えるのが、幼少期からスペインの名門バルセロナの下部組織で育ち、A代表でも地位を確立しつつあるMF久保建英(19=ビジャレアル)。両親ともに日本人だが、スペイン語も堪能で、その堂々としたプレースタイルや取材時などの受け答えは異彩を放つ。そんな久保を筆頭に、彼と同世代となるU-19(19歳以下)日本代表の陣容も実に興味深いものとなっている。

 同代表は9月14日から3日間、そして10月4日からも4日間の日程で千葉県内にあるJFA夢フィールドで強化合宿を行った。2021年にインドネシアで開催予定のU-20W杯出場を目指すチームだが、招集リストを見て目を引いたのは、ハーフ選手の多さだ。9月の合宿では全29選手中、約5分の1となる6人、10月も全26選手中5人がハーフ選手だった。

 顔ぶれはGK鈴木彩艶(18=浦和レッズユース)、GK野澤大志ブランドン(17=FC東京)、DFモヨマルコム強志(19=法政大)、DFバングーナガンデ佳史扶(19=FC東京)、MF藤田譲瑠チマ(18=東京ヴェルディ)、FW櫻川ソロモン(19=ジェフユナイテッド千葉)。GKからFWまでバランスよく招集されていた。

 この6選手のうち、鈴木とバングーナガンデはガーナ、藤田と櫻川はナイジェリアと、アフリカ系ハーフが実に4人。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)