期待外れのドラフト1位選手たち、セリーグ編。鈴木誠也の上を行った右の高卒大砲は今?

期待外れのドラフト1位選手たち、セリーグ編。鈴木誠也の上を行った右の高卒大砲は今?

画像:広島東洋カープ公式サイト

今年のドラフト会議は10月26日に開催される。中でも注目されるのはやはりドラフト1位で指名される選手だろう。将来性重視なのか、それとも即戦力の期待か。だが、いざ入団すると指名前の高評価はどこへやら、鳴かず飛ばず選手もそこそこ現れてくるから面白い。

 そこで今回は過去10年間の全12球団のドラフト1位指名選手から、ああ、これは期待はずれだったなという顔触れを紹介していこう。まずはセ・リーグ編。

◆読売ジャイアンツ 投手を7人指名するも、成功例は2人のみ

 本稿が配信されるころには2年連続のリーグ優勝を決めているかもしれない読売。実はこの10年間で投手を7人指名している。その中でドラ1の期待に応えたのは10年の澤村拓一と12年の菅野智之の2人だけなのだ。中でも酷かったのが11年の高卒左腕・松本竜也だ。プロ入り後の4年間でケガを繰り返し、1軍の登板が果たせなかったばかりか、15年オフに野球賭博に関与していたことが発覚し、無期失格処分の裁定が下された。現在も失格選手となってしまっている。

 15年の大卒右腕・桜井俊貴は昨年までの4年間で8勝8敗、防御率も4.70という微妙な数字だし、18年の大卒左腕・高橋優貴もプロ1年目の昨季は5勝7敗で防御率は3.19と尻すぼみの成績だった。

 ただ、この2人は今年1軍で投げているだけまだいい。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)