タイの反政府デモに現地の日本人はなにを思う? 「渋谷ハロウィンと同じレベル」

タイの反政府デモに現地の日本人はなにを思う? 「渋谷ハロウィンと同じレベル」

現在のナナプラザ。客が減っているのがわかる

学生達の反政府デモにより、10月15日より緊急事態宣言が発令されたタイ。首都バンコクでは公共交通機関がストップするなど、コロナの非常事態宣言すら解除されていない事態に加えてさらなる混乱が広がっている。タイのプラユット首相は「政府はすべてのタイ国民が抱える問題に耳を傾け、解決に向け努力する」と対話を呼びかけているが、収束の見通しは見えない状態が続いている。

 そんな中で「正直、寒い目で見ていますね」と語るのは、バンコクで暮らす日本人男性だ。デモを「寒い」と語るのには一体、どんな理由があるのだろうか。

◆まるで『渋谷ハロウィン』

「これまで何度かタイのデモは経験してきたのですが、今回に関しては冷めた目で見ています。たとえば、昨年行われていた香港の民主化デモは『逃亡犯条例改正案撤回』や『普通選挙の実現』などを含む五大欲求の達成を目的に若者達が命をかけて警察と衝突していた。しかし、今回のタイのデモに参加している学生達からはそういった思いがまるで感じられない。

 もちろん、中には本気で政権を変えたいという者もいるんでしょうけど、大半は集まって騒いでいるだけ。よく見かけたのは黒い服にマスクをして集まっていた若者で、まるで海外アーティストのミュージックビデオを真似しているかのよう。日本でいうと普段は大人しい奴らがここぞとばかりに集まってただ暴れている『渋谷ハロウィン』と同じです」(バンコクで暮らす日本人男性)

 男性が、デモで集まる若者達を揶揄する発言の裏側には一体どんな理由があるのか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)