「note」が生んだ作家・岸田奈美がファンに愛される理由

「note」が生んだ作家・岸田奈美がファンに愛される理由

著者の岸田奈美さん

ノンフィクションルポ『つけびの村 噂が5人を殺したのか?』(著/高橋ユキ、晶文社)や、コミックエッセイ『38歳バツイチ独身女がマッチングアプリをやってみた結果日記』(著/松本千秋、幻冬舎)を筆頭に、近年「note」というプラットフォームから書籍化や文筆家デビューする例が増えている。

 従来のブログやTwitterからデビューするのとは何が違うのか。自身を「’05年にブームになった『電車男』の流れと似ている」と分析するnote発の作家・岸田奈美氏に話を聞いた。

◆「note」が生んだ作家・岸田奈美がファンに愛される理由

 心身の不調で休職中に、家族との出来事を綴った自伝的エッセイをnoteに投稿し、バズったのが1年前。初の著書となる『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』を9月23日に刊行したばかりだ。

「心筋梗塞で突然亡くなった父とはケンカ別れだし、母は車椅子ユーザーで、ダウン症の弟は知的障害者。この家族構成って、日本のダイバーシティが全部集まったみたいじゃないですか(笑)。そんな家族の日常をひたすら綴っていました。noteには読者が著者を金銭的に支援できる“サポート機能”があって、初めて投稿したエッセイで150人以上からサポートをいただいたんです。そのおよそ半年後に有料の月額マガジンを開設したら、1か月くらいで安定した収入を得られるようになり、会社を辞めて作家になりました」

 noteはTwitterと親和性が高く、シェアしやすいのも特徴。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)