“隠れトランプ信者”がカギを握る。トランプ劣勢でも逆転がありえる理由

“隠れトランプ信者”がカギを握る。トランプ劣勢でも逆転がありえる理由

写真/AFP/アフロ

大統領選まで残すところあと数日。トランプ大統領とバイデン候補のどちらが勝利するのか? 選挙直前に、民主党を支えるシンクタンク・米国先端政策研究所のグレン・S・フクシマ上級研究員と、近著『隠れトランプのアメリカ』(扶桑社刊)でトランプ勝利を予想している元ヘリテージ財団上級研究員の横江公美・東洋大学教授が緊急対談!

◆<選挙直前対談>横江公美×グレン・S・フクシマ

――10月23日(日本時間)には最後の討論会が行われましたが、11月3日の大統領選への影響は?

フクシマ:9月の一回目の討論会ではトランプ大統領がバイデン元副大統領の発言をあまりにも頻繁に遮ったので、視聴者は発言をよく聞き取ることができませんでした。一方、今回はもう少し「普通」の討論会でしたから、両候補の政策の違いが鮮明にわかったと思います。ただし、多くの有権者はすでに投票先を決めており、この討論会によって投票先を変更した人は少ないでしょう。

横江:私は最後の討論会でトランプ大統領が盛り返した印象を受けました。代替エネルギー推進派のバイデン候補から「石油産業を潰す」という意に受け取れる発言を引き出した結果、バイデン候補は討論会後に「誤解を解きたい」と記者に釈明するほど慌てていました。石油生産の盛んなテキサス州やペンシルベニア州での票を失うことを危惧してのことでしょう。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)