一軒あたり月5万円の家賃収入。中古ワンルーム投資が不況下でも手堅いワケ

一軒あたり月5万円の家賃収入。中古ワンルーム投資が不況下でも手堅いワケ

敬遠されがちな3点ユニットだが「適正家賃を設定すれば問題ない」と芦沢氏。洗浄便座やアメニティを設置して他物件と差別化する

コロナ禍による不況が重なり、我々のお金に関する不安は増すばかりだ。将来のために投資を考えても、ローンで投資用不動産を買うのは心理的負担が大きい。しかし、不動産投資家の芦沢晃氏のスタイル「中古区分マンションの現金買い」は、新型コロナ禍における戦略として一つの指針になるはずだ。

◆格安中古ワンルームを現金購入。着実に「未来の収入」を得る

 芦沢氏はこれまで数百万〜1000万円以下の物件を現金で買い集め、今では年間約3600万円の家賃収入を得ている。物件ごとの投資金額が小さく、現金購入なので金利負担もない─そんな“手堅い投資”を続けた経験から、「中古区分マンションは不況下でも安定資産として有望だ」と話す。

「不況になると、まず退去や賃料減額が発生するのが高級賃貸物件なんです。一方、私が投資する中古ワンルームは家賃が5万円前後。東京都の生活保護の家賃支給が単身5万3700円であることから、生活保護者も入居ターゲットになり得ます。社会保険事務所からの直接振り込みにして、保証会社契約と各種保険を必須条件にすれば、滞納や事故の心配もありません」

 建物の経年で家賃が下がりきった中古物件の場合、利便性と立地で支えられ、さらなる家賃下落の余地がない。不動産投資の大きなリスクである「空室」と「物件価値下落」の可能性が低いので、手堅い投資先になるのだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)