元自民議員・小林興起氏が、小泉純一郎氏が政治家を殺し菅義偉氏が官僚を殺したと喝破

元自民議員・小林興起氏が、小泉純一郎氏が政治家を殺し菅義偉氏が官僚を殺したと喝破

記事まとめ

  • 元自民党議員・小林興起氏が「菅首相の政治手法の源流は小泉政権にある」と喝破した
  • いまの自民党は『郵政解散』で作られ、菅義偉首相もその時に勝ち馬に乗ったという
  • 「小泉氏が政治家を殺し菅氏が官僚を殺し、日本の政治行政を壊した」と小林氏は語った

「菅さんは霞が関をめちゃくちゃにした張本人」女帝に刺された男・小林興起が語る

「菅さんは霞が関をめちゃくちゃにした張本人」女帝に刺された男・小林興起が語る

「菅さんは霞が関をめちゃくちゃにした張本人」女帝に刺された男・小林興起が語るの画像

学術会議の問題を受け、菅義偉首相の強引な政治手法に批判が集まっている。元自民党衆議院で、現在は「新党やまと」の代表を務める小林興起氏(76)は、「菅首相の政治手法の源流は小泉政権にある」と喝破する。

小林興起(こばやし・こうき)
1944年生まれ。66年に東大法卒、通商産業省(現・経済産業省)入省。ペンシルバニア大学大学院でMBA取得。83年に通産省退官、衆院選に出馬するも落選。90年の衆議院選で初当選。2002年には小泉政権で財務副大臣を務める。05年7月の郵政民営化法案に反対し、「郵政解散」で自民党を追放され落選。09年8月の総選挙で民主党比例区東京ブロックから出馬し、衆議院5期目の当選を果たすが、12年に消費増税に反対して同党を離党。2012年12月の衆院選に日本未来の党から立候補するも落選。以降、複数の政治団体を自ら立ち上げ、政治活動を継続している。
=====

◆学問をすると「選挙に落ちる」

――菅首相が日本学術会議が推薦した候補者6人の任命を拒否した問題がありました。歴代首相は形式的な任命のみをしてきましたが、今回は理由を明確に説明しないまま、一部の候補者の任命をやめてしまった。学問の独立を軽視し、「政府の意向に沿わない学者は任命しない」と捉えかねない行為だと批判されています。

小林:学問といえば、昔は勉強できる人が総理大臣になっていたんだけど、最近は小泉さんにしても、菅さんにしても、小池百合子さんにしても、どういうわけか、あまり勉強をしないタイプの人のほうが政治家として出世する傾向はありますよね。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)