「電車のつり革には触れない」辛坊治郎が語る“繊細すぎる自分”との付き合い方

「電車のつり革には触れない」辛坊治郎が語る“繊細すぎる自分”との付き合い方

「理想は、誰とも関わらずにひとりで海の上にいることです」辛坊治郎氏

今、「繊細さん」と呼ばれる人を扱った関連本が売れている。長年、多くの日本人が繊細さから生きづらさを感じていた原因が「HSP」という気質だと判明したのだ。キャスターの辛坊治郎氏も、繊細さから不潔恐怖症を併発し、いまだに電車のつり革は触れず、公共の場の洋式トイレは苦手。「学生時代は本気で治そうと、当時衛生環境が良くなかった東南アジアをあえて旅する荒療治に出たことも。こうした“訓練”がなければ、社会にさえ出ることができなかったと思います」という辛坊氏。繊細すぎる気質とどのように折り合いをつけてきたのか取材した。

●HSP(Highly Sensitive Person)ってなに?
「ハイリー・センシティブ・パーソン」の略。感覚から得た情報を処理する神経が敏感で、刺激や他人の感情に過敏に反応する特性を持つ人を指す言葉として話題に。’96年、アメリカの心理学者、エイレン・N・アーロン氏が提唱したことで認知された

◆繊細歴64年の辛坊治郎が語る「繊細さを受け入れる技術」とは?

 舌鋒鋭い物言いでメディアの第一線で活躍する辛坊治郎氏。だが、幼い頃から繊細な気質に生きづらさを感じ、一時は強迫性障害に悩まされたことも。繊細歴64年の大ベテランは、どのように生きづらさと折り合いをつけてきたのか。

――テレビやラジオでの切れ味鋭いコメントを聞いていると、辛坊さんが繊細さで思い悩んでいるイメージがなかなか思い描けません。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)