海と山に囲まれた日本一の秘境駅。住民はホームレスの“仙人”一人だけ

海と山に囲まれた日本一の秘境駅。住民はホームレスの“仙人”一人だけ

小幌駅

―[シリーズ・駅]―

 発着する列車もわずかで通勤・通学で利用する乗客もいない秘境駅。ほとんどの場合、しばらく歩けば民家があったりするものだが、なかには周辺地域に住民が誰もいない駅も存在する。

◆鉄道でしか行けない陸の孤島、JR室蘭本線「小幌駅」

 北海道豊浦町にあるJR室蘭本線の『小幌駅』がまさにそれ。2つのトンネルに挟まれた100メートルに満たない場所にあり、四方を山と海に囲まれ、外界に通じる道路は皆無。当然、車で訪れることもできず、住民はおろか建物も一切ない。つまり、完全な秘境駅なのだ。

 秘境駅に関する多数の著書を持つ牛山隆信氏がまとめた「秘境駅ランキング」でも毎年不動の1位をキープ。鉄道ファンの間では“日本一の秘境駅”として認知されており、この駅目当てにわざわざ足を運ぶ者も少なくない。

 筆者もこれまで何度か訪れたことはあるが、1日に到着するの列車は長万部方面の上り線が4本、東室蘭方面の下り線が2本の合わせてたったの6本(※20年11月現在)。特急や貨物列車は頻繁に通過するが、さすがと言うべきかアクセスも大変だ。

 ちなみに小幌駅でホーム以外に置いてあるのは環境に配慮されたバイオトイレくらい。ほかにJRの保線用施設があるものの、もちろん関係者以外は入ることはできない。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)