紙の広告はオワコンなのか?朝日新聞の広告をバズらせた舞台裏を聞く

紙の広告はオワコンなのか?朝日新聞の広告をバズらせた舞台裏を聞く

紙の広告はオワコンなのか?朝日新聞の広告をバズらせた舞台裏を聞くの画像

コロナ禍で多くの業界が苦しんでいる中、広告市場も大打撃を受けている。

 広告業全体の売り上げ(前年同期比)は、2020年7月=19.8%減、8月=17.7%減。なかでも落ち込みがひどいのは、前年の4割以上減った「雑誌」、次いで「新聞」(7月=33.8%減、8月=24.8%減)だ。(経済産業省「特定サービス産業動態統計調査」)
 そもそもこの10年ほど、インターネット広告が右肩上がりなのに対して、“紙の広告”は減る一方。2019年の広告売上は、インターネットが初の2兆円超え、新聞は4547億円、雑誌は1675億円だった(電通「日本の広告費」)。

◆もう紙の広告はオワコンなのだろうか?

 そんな中、新聞とネットを組み合わせたある広告が、今年9月に「第40回・新聞広告賞(新聞社企画・マーケティング部門)」を受賞した。昨年話題になった「朝日新聞×左ききのエレン」プロジェクトだ。
 そこで、このプロジェクトを実行した、朝日新聞社メディア・ディレクターの田浦孝博さんと、気鋭のクリエイティブ企業「The Breakthrough Company GO」の五十嵐麻衣さんにインタビュー。2人が感じる、新聞広告の可能性を聞いた。

<『左ききのエレン』(著者、かっぴーさん)は広告業界を描いた人気マンガで、主人公は「目黒広告社」に勤めている。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)