コロナで「まさか」の転落。再就職先が見つからず、自暴自棄に

コロナで「まさか」の転落。再就職先が見つからず、自暴自棄に

コロナで「まさか」の転落。再就職先が見つからず、自暴自棄にの画像

いま再び猛威をふるう新型コロナウイルス。日本全国の新規感染者が2000人を超える日が続く。菅義偉首相は21日、「GoTo」事業にかんしても内容を見直しすると発表した。

 これは“第3波”がきているのかもしれない……。今年1月、日本国内で初めて新型コロナウイルス感染者が確認された時、果たしてどれほどの人が今の状況を予測していただろうか?

 想像以上にコロナ禍が長引いたことで、自身でも「まさか」という状況に追い込まれた人々がいる。

◆再就職先が見つからない料理人

「育った家庭が貧乏だったので。食べ物を扱う仕事につけば絶対に食い物には困らない、そう思ってこの店に就職したんです」

 こう話すのは、関西の仕出し割烹店に20年以上勤務していた原田泰夫さん(仮名・40代)。和食専門の料理人として腕をふるっていたが、コロナの影響によりこの夏、店が倒産した。

 絶対に食いっぱぐれはない、と思っていた自分が「無職」になったことが信じられなかった。

「いつの間にか、仕事は絶対にあるもの、弁当や料理が必要とされないことなんてありえないと思っていたからすごくショックで。2週間ほど寝込んでしまった」(原田さん、以下同)

 店では料理人のチーフを務め、腕には自信があった。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)