コロナ倒産でカードローン280万円の返済ができない30代男性の現実

コロナ倒産でカードローン280万円の返済ができない30代男性の現実

赤田達也さん(仮名・38歳)無職/未婚

コロナ失業や収入減により、ローンの支払いに困窮する人がかつてないほど増えている。ローン返済が滞れば、これまでの日常は瞬く間に崩れ去る。新型コロナによって顕在化した「ローン破綻の落とし穴」はどこか? コロナ禍で銀行カードローンの返済に追われる人たちの姿を追った。

◆銀行カードローンの“借りやすさ”で地獄行き続出

 コロナに追い打ちをかけられてカードローンを焦げつかせる人も続出している。

「仕事柄、結構な額の経費を立て替えることがあって。口座はいつもスッカラカン。急な接待や生活費に困ったとき、仕方なくカードローンで借金をしていました」

 色とりどりのキャッシング用カードを机に並べて、そう語るのは広告代理店に勤めていた赤田達也さん(仮名・38歳・未婚)。銀行3行、消費者金融2社からの負債総額は280万円まで膨れ上がり、月々の返済額は10万円。しかし「現状は利息の支払いもままならない」という。

◆コロナ直撃で勤め先が倒産

「会社の経営状況が悪かったところにコロナが直撃。6月で倒産し、今は無職です。倒産直前にも15万円ほど経費を立て替えてましたが、上司に『こんな状況で精算する気か?』と睨まれ、結局泣き寝入り。以前から、契約に繋がらなかった経費は上司の目を恐れて精算しないことが多々ありました」

 失職から3か月たつも仕事は見つからない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)