「ミリオンゴッド凱旋」の撤去でパチンコ店の廃業と違法営業が急増

「ミリオンゴッド凱旋」の撤去でパチンコ店の廃業と違法営業が急増

撤去される「ミリオンゴッド神々の凱旋」売上げに貢献してきた人気台だったため、ホールの売上げには大きな影響も……

◆稼ぎ頭がホールから消えた日

 11月15日の深夜、閉店作業中の都内某ホールでは翌日の新台入替作業として、金色に輝く筐体のパチスロ機が取り外されていた。外されていたのは「ミリオンゴッド-神々の凱旋-」、俗に“凱旋”と呼ばれるヒット機種である。

「凱旋はホールにとって、最も重要な機械でした。波が荒すぎて、回収しようと全台設定1でも出てしまうことも多々ありましたけど、それでも安定して利益を生み出してくれていましたね」

 こう語るのは都内某ホールの店長だ。凱旋の売上げが圧倒的に高かった理由は通常時のコイン持ちと初当たりの重さにあったという。

「他機種と比べて通常時のコイン持ちは良くない。おまけに初当たりも重いので、他機種に比べて圧倒的に売上げが高かったのが凱旋なんですよ。そういうスペックの機種は他にないわけではない。でも、それだけキツい機械でもちゃんと稼働してくれたのは凱旋だけでした。やはり売上げが見込める、キャッシュがしっかり入ってくるっていうのは経営面においての貢献度が高くなりますし、撤去しないで済めば本当にありがたかったんですがね……」

◆なぜ凱旋は撤去されたのか?

 ホールにとっては救世主的存在だった凱旋だが、撤去されるのは、凱旋が業界団体から高射幸性遊技機として指定されていたためだ。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)