"広末涼子のモノマネ芸人"おかもとまりさんの現在 心労で離婚、精神病院に入院も

"広末涼子のモノマネ芸人"おかもとまりさんの現在 心労で離婚、精神病院に入院も

記事まとめ

  • おかもとまりさんはかつて広末涼子のものまねで“可愛すぎる女芸人”と話題に
  • "ものまね芸人"のイメージが大きくなりすぎ、他のことが出来なくなってしまったという
  • 結婚を機にフリーランスとなったが、その後離婚、精神病院に入院していたそう

可愛すぎる女芸人「おかもとまり」の今。離婚、精神病院入院を乗り越えて

可愛すぎる女芸人「おかもとまり」の今。離婚、精神病院入院を乗り越えて

ものまね芸人として活動していたおかもとまりさん

かつて広末涼子のものまねで人気となり、“可愛すぎる女芸人”と呼ばれた女性がいる。ものまね芸人として活動していたおかもとまりさん(30)だ。

 彼女は2018年、事務所を辞めてフリーランスに。結婚、出産、離婚などを経て、新しい人生を歩んでいる。今回は、そんなおかもとさんが芸人を辞めた真相、現在のセカンドキャリアに迫った。

◆16歳でアイドルデビュー「売れたら好きなことが出来るはず」

 テレビ番組『とんねるずのみなさんのおかげでした』(フジテレビ系列)内のコーナー「細かすぎて伝わらないモノマネ選手権」にて、ものまね芸人としてブレイクを果たした彼女だが、もともとはアイドル番組のオーディションから出発したアイドルだった――。

 デビューは16歳。芸能界を目指したきっかけは、芸能プロダクション「タイタン」社長である太田光代さんに憧れたこと。

「中学生の時に太田光代さんの本を読んで、感銘を受けました。それで、“こんな人になりたいな!”と思って、芸能界を目指したんです」

 太田さんと言えば、モデルやタレントを経て、タイタンの経営のほか、さまざまな事業を手がけてきた。しかしながら、太田さんに憧れていたにもかかわらず、アイドルになるとは路線があまりに違う気もするが……。

「夢を叶えるためには、まずは名前を売らなければならない。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)