副業で100万円稼いだ女性に税務署から指摘。正しい確定申告とは?

副業で100万円稼いだ女性に税務署から指摘。正しい確定申告とは?

※写真はイメージです

ちょうど年末調整も提出し、やることは済んだと思っているサラリーマンも多いことだろう。しかし、今やサラリーマンこそ確定申告をするのは必須! 新型コロナで厳しい懐事情を助ける節税術を、実際に悩んでいる事例を元に専門家に聞いた。

◆課税所得を副業経費で圧縮。還付金30万円をGet!

▼久保和子さん(仮名・50歳)
年収 本業360万円/副業100万円

 教育事業関連の会社で事務の仕事をする傍ら、5年前からクラウドワークスを利用して、副業で年間100万円ほどを稼ぐ久保さん。

「パソコン作業が多いので、自宅のひと部屋を事務所にして家賃などを計上。光熱費は、毎日の作業時間をエクセルに記録して、月ごとに割合を乗せてます。打ち合わせのお茶代や文房具代など副業に関係するものは経費にしています」

 依頼先の会社から集めた年末調整と仕分けした領収書を税理士事務所に持ち込み、確定申告を依頼。還付金は30万円ほどだという。

「青色申告ですべてお任せしてます。ただ税理士からは、もっと領収書を出してもいいと言われてて。翻訳やアニメグッズのECサイトなどの副業が多いので、『関連する書籍やマンガ、洋画やアニメ映画の半券も関連があるからOK、家族で食べた飲食代も大丈夫です』とは言われたんですが……」

◆税務署から電話が!

 本人が浮かない顔をするには理由がある。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)