アハモ月額2980円。ドコモの料金引き下げ、長期的には消費者が不利になる線も

アハモ月額2980円。ドコモの料金引き下げ、長期的には消費者が不利になる線も

写真/産経新聞社

さよならau――12月9日、KDDIが新料金プランを発表するとSNS上にはこんなフレーズが溢れた。「高すぎる」というのが最大の理由だ。実際、新プランの“定価”は月額9350円と少々高額。ただし、データは使い放題で動画配信サービスの「Amazonプライム」や「TELASA」は見放題。さらに、家族4人の利用で適用される家族割や固定回線とのセット割、5G切り替えに伴う期間限定キャンペーンなどを加味すると3760円に抑えることも可能だ。

◆ケータイ料金引き下げで日本の5G競争敗北が確定する!?

 それでも炎上騒ぎにまで発展したのは、12月3日にNTTドコモが発表した新プラン「ahamo(アハモ)」のインパクトが強すぎたからにほかならない。経済評論家の加谷珪一氏が話す。

「アハモは月額2980円でデータ量20GB、さらに5分以内の通話はかけ放題という驚異的安さを実現したプラン。家族での加入といった余計な条件設定もない。格安なうえにシンプルなため、従来の料金システムを踏襲したauの新プランのデメリットが際立ってしまった格好です。

 ただ、ドコモとしても想定外だったことがあります。それは、11月にKDDIのサブブランドであるUQモバイルとソフトバンク系のワイモバイルがデータ量20GBで月額3000〜4000円の新プランを発表したのに対して、武田良太総務大臣から『メインブランドの値下げをしないのは問題』と物言いがついたこと。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)