残るはauだけ。続々値下げのスマホ料金で得になる人ならない人

残るはauだけ。続々値下げのスマホ料金で得になる人ならない人

ソフトバンクの新プラン「SoftBank on LINE(仮)」

―[デジタル四方山話]―

 総務省はスマホ料金を引き下げようと必死だ。10月には「モバイル市場の公正な競争環境の整備に向けたアクション・プラン」を発表し、大手キャリアにごりごりとプレッシャーを与えている。

 それを受けたNTTドコモは、12月3日にお手頃な料金プラン「ahamo(アハモ)」を発表した。月額2980円(税別)と格安ながらデータ容量は20GBと大きいうえ、容量を使い切った後は1Mbpsで通信できるのが特徴。5分以内の通話は無料で、5Gにも対応。2021年3月から提供される。

◆ドコモに続いて動いたソフトバンク

 これを受けて、12月22日にはソフトバンクが「SoftBank on LINE(仮)」を発表し、話題を集めている。こちらも2021年3月サービス開始予定で、月額料金とデータ容量、20GB以降の通信速度、5分以内の通話無料などの条件は「ahamo」と同じ。LINEのトークや通話で利用する通信量がタダになる「LINEがギガノーカウント」が付いているのがプラスポイントだ。今後、ソフトバンクは大容量ブランド、ワイモバイルは小中容量ブランド、「SoftBank on LINE(仮)」はオンライン専用ブランドになるという。

 一方、KDDIは12月9日に「データMAX 5G with Amazonプライム」プランを発表したが、月額9350円と安いプランではなく、批判の声が上がった。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)