甲子園春夏連覇のエースで唯一“プロ未勝利の男”、卒業後の軌跡を追う

甲子園春夏連覇のエースで唯一“プロ未勝利の男”、卒業後の軌跡を追う

現在、母校の興南高校の広報部の事務職員として働きながら教職免許取得を目指す島袋洋奨氏

―[職業 元プロ野球選手]―

 高校球児にとって、甲子園は夢である。そんな夢の舞台で優勝、さらには春夏連覇の栄光に輝いた男がいた。だが、彼はプロ入りするも1勝もすることなく、わずか5年でユニフォームを脱いだ。

◆琉球トルネードで甲子園を席巻

「もう、これ以上成長できないと思ったので、野球を辞めました」

 精悍な顔つきからゆっくりとした口調で、丁寧に話す姿からは誠実さが滲み出ていた。島袋洋奨は2010年、春夏連覇を成し遂げた沖縄・興南高校のエースだった。中央大学に進学した後、ソフトバンクからドラフト5位で指名され入団。2019年オフに5年間のプロ生活にピリオドを打った。

 100年以上もある甲子園史において、春夏連覇はたったの7校。作新学院、中京商、箕島、PL学園、横浜、興南、大阪桐蔭しかないのだ。それほど、連覇達成はとてつもない偉業であり、かつ艱難辛苦の道のりであるのは言うまでもない。春夏連覇したエースはすべてプロ入りしている。だが、その中で一勝も挙げることなくユニフォームを脱いだのは、島袋洋奨ただ一人である。

「プロ生活の終盤は、なんで野球がこんなに下手になっているのだろうと自問自答してました。今まで投げられていたのに、なんで投げられないのかという葛藤を抱えながらずっと野球をやってました。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)