YouTuberのゲーム実況は摘発される可能性も メーカーそれぞれがガイドラインを公開

YouTuberのゲーム実況は摘発される可能性も メーカーそれぞれがガイドラインを公開

記事まとめ

  • コロナ禍で、2020年はYouTubeやライブ配信などの動画コンテンツに人気が集中した
  • 人気ジャンルである「ゲーム実況」は参入障壁は低いというが罪を犯してしまう可能性も
  • YouTubeが身近になったからこそ、利用者にもリテラシーが求められているとも

YouTuberのゲーム実況は違法か? 突然「告訴を検討」とメールが来たケースも

YouTuberのゲーム実況は違法か? 突然「告訴を検討」とメールが来たケースも

※写真はイメージです

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、2020年はYouTubeやライブ配信などの動画コンテンツに人気が集中。しかし、そのぶん動画市場は“有名人でも苦戦する”レッドオーシャンとなった。果たして、素人が今さら参入しても勝ち目はあるのだろうか? 今回は著作権法違反について、弁護士に詳しい話を聞いた。

◆著作権法違反、情報商材詐欺……YouTubeに潜む危険

 YouTube界でいまだ人気ジャンルである「ゲーム実況」。顔出しの必要がないためサラリーマンの参入障壁は低そうだが、知らぬ間に罪を犯してしまう可能性も。ゲームメーカーの代理人として違反動画のパトロールを行う中島博之弁護士に現状を聞いた。

「ゲームの映像は映画の著作物と同様に扱われているので、権利者の許諾なく配信すれば著作権法違反に。6月に発売された実写ムービーゲーム『デスカムトゥルー』の取り締まりでは、300件の違法動画が見つかりました。基本対応は動画の削除ですが、繰り返すとアカウントは凍結されます。最近では配信者を特定できたため、NHKの番組で違反者本人を直撃するという報道もされました。今後、法的に摘発される可能性は十分あります」

『デスカムトゥルー』は冒頭に配信を控えるよう警告が出るのに、ゲーム実況する人たちが多数いたのだ。NHKの番組では、20代の違反者にある日突然、弁護士から「刑事告訴を検討します」とメールが届き、面談する場面が報道された。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)