オリラジは「芸人」でナイツは「漫才師」…「芸人」の定義とは?

オリラジは「芸人」でナイツは「漫才師」…「芸人」の定義とは?

オリエンタルラジオ漫才ツアー「VS」DVD(よしもとアール・アンド・シー)

文/椎名基樹

 昨年末をもってオリエンタルラジオが吉本興業を退社。フリーで活動していくことが発表された。中田敦彦は、2018年からテレビの仕事を減らし、YouTubeの活動へシフトしており、退社は予想できた流れだった。しかし藤森慎吾は6本のレギュラー番組を抱えており、中田の独立を受けて急きょ退社を決めたことに驚きの声が上がった。中田敦彦は今後家族でシンガポールに移住し活動の拠点とするという(←あっちゃん、かっこいい!)。

 前代未聞のユニークな身の振り方は、いかにもオリエンタルラジオらしいと感じた。今回の退社報道を受けて改めて考えてみると、オリラジが「お笑い史」の中でエポックメイキングな存在であったことに気づく。彼らがデビューしてすぐに大ブレイクした当時は、なんとも軽薄に感じ、理解できなかったが、今振り返ってみると、オリラジの新しさがわかる。

◆「芸人」ってなにする人?

 オリラジの「武勇伝」は、「リズムネタ」の多くのフォロワーを生んだ。リズムネタはあっという間に消費されてしまうので、宴会芸と揶揄されたりもするが、生み出すのは至難の業だろう。そしていちど観客の心を掴めば、あっという間にブレイクできるパワーがある。

 ナイツの塙宣之は自身のラジオ番組「ナイツ ザ・ラジオショー」(ニッポン放送)で、“オリエンタルラジオは、デビュー1年目から売れていて、自分達が10年かけて見てきた景色を1、2年で見てきている。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)