カップル専門不動産の紹介動画をTikTokで作成。50万円を稼いだワザとは

カップル専門不動産の紹介動画をTikTokで作成。50万円を稼いだワザとは

「ひがし@カップル専門不動産」

コロナ禍で自宅で過ごす時間が増え、2020年はYouTubeやライブ配信などの動画コンテンツに人気が集中。今回はTikTokerのひがし氏を取材。本業を生かして賃貸物件を紹介するTikTok動画をアップし、契約に繋がっているという。詳しい話を聞いた。

◆約半年で利益50万円!TikTok→DMでアポを取りまくる

 YouTubeのように再生数で広告収益が得られないTikTokだが、稼ぐことはできる。

「本業を生かして賃貸物件を紹介するTikTokを始めたのが6月のこと。これまで5件の契約が成立し、広告費ゼロ円で約50万円の利益が出ました」

 そう語るのはTikToker・ひがし氏。物件の室内映像をメインに投稿している。

「はじめは家賃やエリア情報を入れていましたが、あえてそれらの情報を伏せて“ツッコミどころ”をつくる仕様に変えました。するとリンク先のインスタグラムのDMへ問合せがくるようになり、その流れで『○○エリアの物件を紹介してもらえませんか?』とアポが取れるようになったのです」

◆ターゲットを明確に絞ったことが功を奏した

 つまり、本業の延長線上で動画を作成し、ほかの情報へ遷移させてマネタイズしているのだ。だが、フォロワーはどのように増やしたのだろうか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)