スチャダラパー×SITE(Ghetto Hollywood)90年代ヒップホップカルチャー回顧録!

スチャダラパー×SITE(Ghetto Hollywood)90年代ヒップホップカルチャー回顧録!

スチャダラパー×SITE(Ghetto Hollywood)90年代ヒップホップカルチャー回顧録!の画像

週刊SPA!で大好評連載中の「少年イン・ザ・フッド」。著者SITE氏の実体験をベースにした“ヒップホップドキュメンタリーコミック”は、単行本化すれば即重版化するなど、シーンで大きな話題を集めている。2020年12月15日には待望の第二巻が発売され、こちらも翌日には重版が決まる好調ぶり。

 漫画はもちろん面白いのが、豪華過ぎるコラム! スケートビデオの紹介コラムでは、「Big Pants―スケートボードis素敵」(HIDDEN CHAMPION刊)で知られるスケーターである柳町唯氏が担当。さらに巻末対談に登場するのは結成30周年を迎えたスチャダラパー! 今回は特別にその対談の一部をご紹介する。司会&原稿執筆は高木“JET”晋一郎氏。「1にビート、2にベース、3、4がなくて5に余談」な精神で、弛〜くみえてコアな内容を是非チェックを!

◆スチャダラパー×SITE(Ghetto Hollywood)90年代ヒップホップカルチャー回顧録!
(※対談は『少年イン・ザ・フッド』2巻より一部抜粋して構成しています)

――そもそもSITEくんがSDPに出会ったのは?

SITE 中1のときから洋楽のヒップホップを聴き始めてたんですけど、中2のときに『タモリのボキャブラ天国』のエンディング曲で「今夜はブギー・バック」(94年)を聴いて、それでレンタルCD屋でSDPのCDを借りて一気にハマったんですよ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)