20時閉店で“夕食難民”が発生中。Uber Eats配達員は「今が稼ぎ時」

20時閉店で“夕食難民”が発生中。Uber Eats配達員は「今が稼ぎ時」

20時閉店で“夕食難民”が発生中。Uber Eats配達員は「今が稼ぎ時」の画像

関東の一都三県を皮切りに、各地で二度目の緊急事態宣言が発令された。飲食店の営業は20時まで、酒類の提供は19時までとなり、「夕食難民」といった言葉も話題になっている。Uber Eatsなどのデリバリー対応店も、夜間はデリバリー中止もしくは店舗自体を休業とする店が増えている。

 いま、会社員の“副業”としても注目を集めるUber Eatsなどの配達員。「夜が稼ぎ時」とも言われているが、緊急事態宣言を受けて、配達員たちの稼ぎに変化は起きているのだろうか。じつは、むしろ「今がチャンス」との声もある。いったい、どういうことなのか?

◆今が稼ぎ時「20時以降の鳴り(配達リクエスト)が増えた」

 前回の緊急事態宣言時には配達員の増加と店舗の休業が影響し、「1時間に1件運べればマシ」という状況だった。今回もそんな「激渋」状態かと思いきや……筆者が複数の配達員たちに取材したところ、意外な事実が浮かび上がってきた。

 なんと、今が“稼ぎ時”だというのだ。

 横浜で配達員をしているあゆむさん(Twitter:@ayuumu5)はこう語る。

「緊急事態宣言が出たからといって、“注文が減った”など大きな変化は感じていません。むしろ、20時以降の鳴り(※配達リクエストが入ること)が増えた印象です。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)