予約殺到の格安PCR検査を実際に受けてみた



◆現金支払いができない!?

 検査のために向かったのは「新型コロナPCR検査センター歌舞伎町店」。雑居ビルの一階にあり、個別に検査をするブースが並んでいます。“狭めの選挙投票所”といったイメージの場所に、常に5〜6人が検査を行っている状態です。支払い方法は電子マネー決済のみで、SNSには「現金しか持っていない人が揉めていた」との情報もありました。検査に行く前に自分が持っている電子マネーが対応しているか、しっかりチャージができているかなど、チェックする必要がありますね。

 検査の対象は発熱などの症状が出ていない人との記載がありましたが、現場で検温は行われませんでした。ということは、仮に症状が出ていたとしても検査を受けられてしまいます。ここは改善すべき点かもしれません。

◆唾液を使った検査のためレモンと梅干しを見る

 受付後、試験管が入った袋が渡されました。これを持ってブースに行き、1.5ml以上の唾液を入れ、最後にシールを貼って終了です。入ってから約5分で全て終わりました。唾液を出すのに時間がかかってしまうのではないか……と不安になっている方もいるかもしれませんが、そこは心配ご無用。全ブースにレモンと梅干しの写真が貼られているので、それをジッと見つめれば、しとどに唾液が溢れ出てきます。

関連記事(外部サイト)