関西弁の「知らんけど」に関東人が戸惑い 「免責を得たい意思表示」と日本語研究者

関西弁の「知らんけど」に関東人が戸惑い 「免責を得たい意思表示」と日本語研究者

記事まとめ

  • 生まれも育ちも関東人の筆者は関西弁の「知らんけど」を何度も聞き戸惑いを覚えたそう
  • 日本語研究者で大阪大教授の金水敏氏は「免責を得たい意思表示でもある」と話す
  • 関西出身の金水氏は、仕事ではそういった曖昧な表現を使うことは避けているという

関西人の間で「知らんけど」が流行るワケ。日本語研究者に聞いてみた

関西人の間で「知らんけど」が流行るワケ。日本語研究者に聞いてみた

日本語研究者で大阪大教授の金水敏氏

先日大阪に出張した際、耳に残る関西弁に出くわした。「知らんけど」だ。仕事相手にこれからの方針を尋ねたり、タクシーの運転手とうわさ話で盛り上がったりする中で何度も聞いた。生まれも育ちも関東人の筆者(私)は「結局知らないのかよ(汗)」と戸惑いを覚えたと同時に、このワードが使われると場の雰囲気がパッと明るくなるのを感じた。

 お笑い芸人の「かまいたち」の冠番組でも題名に使われ、今やSNSの急上昇ワードにも出てくる「知らんけど」。一体どんな意味で使われているのか? その謎を解明すべく、日本語研究者で大阪大教授の金水敏氏に話を聞いた。

◆関西出身の友人「僕らにはなくてはならないもの」

 まず「知らんけど」を使った例文をいくつか出してみたい。

「菅野が巨人残留するようだけど、来季は藤浪が完全復活するから阪神がV奪還や! 知らんけど」
(意味:今オフでメジャーリーグ行きを宣言していた巨人の菅野智之が残留となったけど、球団史上最速の162キロを記録して制球力も安定した藤浪晋太郎が完全復活を遂げてセリーグ優勝や! 知らんけど)

「フワちゃんのため口は絶対キャラやって! 知らんけど」
(意味:人気ユーチューバーでタレントのフワちゃんのため口は、破天荒キャラクターを演出するためにやっているよ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)