妻が雇い止めでローン返済ができない。6300万円のマンションを購入した40代の後悔

妻が雇い止めでローン返済ができない。6300万円のマンションを購入した40代の後悔

田代和義さん(仮名・40歳)

コロナ失業や収入減により、ローンの支払いに困窮する人がかつてないほど増えている。新型コロナによって顕在化した「ローン破綻の落とし穴」はどこか? 今回は妻が雇い止め、ボーナス8割カットで返済計画が完全に狂ってしまった2つの事例を元に専門家が解説。

◆金融機関が無理なローンを組ませすぎてきた

 ローン破綻の問題は「コロナを契機に顕在化しただけで、以前から問題視されていた」と指摘するのは、住宅ジャーナリストの榊淳司氏だ。

「背景には、これまで金融機関が無理なローンを組ませすぎてきたことが挙げられます。平成初期に3%台だった住宅ローンの変動金利は10年近くでジリジリと下がり、今では限りなく0%に近い状態。それだけ金利が下がると、金融機関は目先の貸し付けを優先させ、返済能力に合わない金額でも融資し続けてしまう」

 榊氏の言葉を裏づけるように、都内の銀行員は「本来、年収の5倍がローンの審査基準とされるところ、近年は年収の8倍でも審査が通るのが実情だった」と話す。

 さらに現在、ローン破綻者を増やしているのがペアローンの存在だ。高額な住宅を購入するため、共働きの夫婦を対象に収入を合算して組めるローンだが、コロナのような想定外のでき事が起きると、途端に破綻リスクが高まる。

「世帯収入で審査するので多額のローンが組めますが、失職や病気、育児、介護といったリスクも2人分。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)