日本の少子高齢化は婚活が解消する。婚活会社社長が大型M&Aに積極的なワケ

日本の少子高齢化は婚活が解消する。婚活会社社長が大型M&Aに積極的なワケ

石坂茂氏(IBJ代表)、馬渕磨理子(筆者)

―[あの企業の意外なミライ]―

 いま、日本には「退会者の2人に1人が結婚する」結婚相談所があります。

 株式会社IBJが運営する直営結婚相談所の「IBJメンバーズ」は成婚率50.8%(※1)。さらに同社が運営する日本最大級の結婚相談所ネットワークである「日本結婚相談所連盟」は、登録会員数6万6,618名、成婚者数8,258名と業界NO.1(※2)を誇っています。そんな日本最大の婚活会社IBJは、他にも婚活アプリや婚活パーティー、さらには成婚後のライフデザイン分野(ウエディング、ハネムーン、保険、住宅)など複数のサービスを展開しています。

※1 2019年1月〜12月の主要コース実績
IBJでは一定期間内における全退会者のうち、成婚退会者の割合を『成婚率』としています。
※2日本マーケティングリサーチ機構、2020年9月調査、大手結婚相談所・連盟を対象。
2019年9月〜2020年8月累計、日本結婚相談所連盟(IBJ)に登録する会員様同士の成婚者数

 そんなIBJが、2019年1月に老舗の結婚相談所「サンマリエ」、2020年5月には全国50店舗の結婚相談所を展開する「ZWEI」をグループ会社化したニュースは業界に大きな衝撃をもたらしました。

 なぜIBJはいま、M&Aを積極的に実行しているのでしょうか。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)