子供に「やらせたくないこと」を、親はどうすればいい?

子供に「やらせたくないこと」を、親はどうすればいい?

子供に「やらせたくないこと」を、親はどうすればいい?の画像

―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―

◆子供に「やらせたくないこと」を、親はどうすればいい?

 子供に「これはやっちゃダメ」と言うのではなく、「これをやらない子は偉い!」と伝えることで、子供の反応が変わる“否定をしない育て方”みたいなのがあります。でも、それで悪さをしなくなるのであればいいのですが、そうでないことのほうが多いと思います。

 だからといって、子供の悪さをなんとかしようとしても、親と子供の意見が合わずにお互い嫌な思いをすることになりますよね。なので、そういう場合は親が諦めて我慢することが大事だと思っていたりします。

 僕は物心ついたころから親の言うことを聞かなかったので、常に反抗はしているものの特定の期間だけ親に反抗する反抗期はなかったのですね。んで、やりたくないことはやらないというのは今まであんまり変わっていない気がしますが、普通に生活できています。

◆2つの反抗パターン

 そもそも反抗と言われる行為を子供がする場合、2つのパターンがあります。

 ひとつ目は、「親がやらせたいけど、子供がやりたくない場合」。ふたつ目は「親はやらせたくないけど、子供がやりたい場合」です。

 どちらも親と子供それぞれに問題があるので、反抗期という現象になるのですが、こうやって見ていくと子供の反抗期の半分は、親の問題だったりするわけです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)