ハンカチ世代の元投手が語る、戦力外通告の現実「球団に残れるのは1〜2割」

ハンカチ世代の元投手が語る、戦力外通告の現実「球団に残れるのは1〜2割」

千葉ロッテマリーンズで球団職員として働く黒沢翔太さん

今季、ニューヨークヤンキースから8年ぶりに古巣・楽天に入団する田中将大投手(32)。13年には開幕24連勝(プロ野球記録)を果たした右腕の日本球界復帰で、今シーズンのプロ野球は例年以上に熱く盛り上がることになるだろう。

 その田中とかつて、甲子園の舞台で死闘を繰り広げた、日本ハム・斎藤佑樹投手(32)。「ハンカチ世代」の頂点に君臨していた彼は今季プロ11年目のシーズンを迎えるが、いまだ目立った活躍を見せていない。現在は右肘靱帯断裂の影響もあり、2軍キャンプで汗を流す日々が続いている。

 そんな彼らと同い年の元プロ野球選手の中には現在、普通のサラリーマンとして働く人もいる。

◆育成から這い上がり、ギータを打ち取る

「入団当初に10人いた育成選手が、1年後には2人になっていた」

 前回のインタビューで育成選手の厳しい現実について語ってくれた、千葉ロッテマリーンズの球団職員として働く黒沢翔太さん(32歳)。黒沢さんは2010年、城西国際大学から育成選手として同球団に入団後、2013年7月、25歳で支配下に登録された苦労人である。

 彼の一軍初登板は同年8月の対ソフトバンク戦。7回裏、<ソフトバンク5-1ロッテ>の場面だった。

「ブルペンの方が緊張したんですよ。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)