ブラック企業“霞が関”の本音。過労死ラインを越える残業が月100時間以上

ブラック企業“霞が関”の本音。過労死ラインを越える残業が月100時間以上

ブラック企業“霞が関”の本音。過労死ラインを越える残業が月100時間以上の画像

最近、霞が関を去った元官僚たちが相次いで声を上げている。過労死ラインを越える残業、理不尽な国会対応、進まないテレワーク……。崩壊寸前の霞が関で何が起きているのか。元官僚たちが打ち明ける――。

◆不祥事が続出する原因は過労死ラインでの働き方

「厚労省は負のスパイラルに陥っています」

 SNSで官僚の働き方の問題を発信する元官僚系YouTuberのおもちさん(20代・男性)は、「古巣」で不祥事が続く背景をこう語る。

「最近では、新型コロナの接触確認アプリ『COCOA(ココア)』で接触通知が届かないという不具合がありました。システムに詳しい人材がおらず、業務をIT会社に丸投げしたままチェックもできなかったのでしょう。

 随分前から『身近な人が感染したのにアプリの通知が届かない』という声がツイッターにも上がっていたのに……そういう情報を拾い、改善する余裕すら、もう厚労省にはなくなっているのかもしれません」

 おもちさんの動画によれば、他部署と比べれば残業代は多く、給料は高めだというが、時給換算すれば2000円にも満たない。

◆官僚の約4割が単月100時間以上の残業を強いられている

 近年、厚労省では障害者雇用水増し問題や統計不正など失態が相次いでいる。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)