ひろゆきが考える「子供に教えにくい話を、どうやって親は伝えるか」

ひろゆきが考える「子供に教えにくい話を、どうやって親は伝えるか」

ひろゆきが考える「子供に教えにくい話を、どうやって親は伝えるか」の画像

―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―

◆子供に教えにくい話を、どうやって親は伝えるか、という話

 以前、本田圭佑さんが運営している会社の副社長が、1歳の子供が食事中に椅子に座るように言っても理解できないのは当然だけど、言葉が理解できるようになったとき「なぜ?」と聞かれたらなんと説明するんだろうか?とツイッターに書いていたことがありました。

 大人が当たり前だと思っていることでも、子供は理由を知りたがったりしますよね。

 そして、子供の質問によって大人たちは自分たちが思い込んでしまっていることに気づかされることがあります。

「ピンクは女子の色」だとか、「宿題をやらないことがなぜいけないのか?」などという質問は、それに当たりますよね。椅子に座って食事することは礼儀作法というルールの話なのですが、礼儀作法を小さい子供に説明しても理解できないこともあります。

 それ以前に礼儀作法うんぬんの話を除けば「別に椅子に座らなくてもご飯は食べられる」とも言えるし、既に礼儀作法のルールを理解できている子供であれば、「礼儀作法を守らなくていい家庭では座って食事をしなくてもいい」とか別の考え方もできてしまいます。

◆子供が自発的にやる力を削いでしまう

 基本的に親が子供に説明できないこと、つまり子供が納得してないものをやらせようとすると飴と鞭が必要になるので、結果として子供が自発的にやる力を削いでしまうと思うのです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)