復帰した松山英樹。マスターズを前に「身体とゴルフ」の現状を明かす

復帰した松山英樹。マスターズを前に「身体とゴルフ」の現状を明かす

復帰した松山英樹。マスターズを前に「身体とゴルフ」の現状を明かすの画像

2月のウェイストマネジメント・フェニックスオープンにおいて、左手親指の付け根付近を痛めて途中棄権。以来、戦列を離れていた松山英樹がアーノルド・パーマー招待(3月15日〜18日/フロリダ州)で復帰した。


アーノルド・パーマー招待で復帰した松山英樹。photo by Getty Images

「(痛みは?)今はないです。(原因?)よくわからないです。いろいろ(病院にも)行きましたけど、直接的な原因はわからなかったです。1週間ちょっと練習してきましたけど、痛みはないので、ひとまずいいのかな、と。

 今回は久しぶりの試合なので、どういう感じでプレーできるかわからないけど、しっかり4日間プレーして、その中で見つかった課題を解決していけるようにしたい」

 ラウンド前、そう話していた松山。大会では「4日間プレーする」という目標を見事クリアし、通算1アンダー、49位タイでフィニッシュした。左手の痛みも最後まで出ることなく、復帰戦としては悪くなかったのではないだろうか。

「4日間できたことは、すごく収穫です。ゴルフの内容的にはぜんぜん、(何かを)喋れるものじゃないですけど。(左手の)痛みに関しても、突発的に出たり出なかったりするので、不安がいきなりゼロになることはないですが、(4日間戦って)体の痛みがどこにも出ずにできたということは次につながるので、そこはよかったと思う」

 松山にとっても大きな目標となる、今季メジャー第1弾のマスターズ(4月5日〜8日/ジョージア州)が間近に控えている。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)