DeNA光山コーチの原点は「仰木監督・叱られる中村武志・少年野球」

DeNA光山コーチの原点は「仰木監督・叱られる中村武志・少年野球」

DeNA光山コーチの原点は「仰木監督・叱られる中村武志・少年野球」の画像

【連載】チームを変えるコーチの言葉〜横浜DeNAベイスターズ バッテリーコーチ・光山英和(4)
(前回の記事はこちら>>)
 嫌なコーチに上からモノを言われたら、選手は抵抗、反発し、対話も先に進まない。しかし信用しているコーチなら、同じように言われても自然と話がつながる。大事なのは相手を信用し、相手に信用される関係を築くため、対話を通してお互いに理解し合うこと。

コーチングの原点は少年野球の指導だったと語る光山コーチ(写真左)


 DeNAバッテリーコーチの光山英和は、そのように対話が不可欠のコーチングを活用して、指導に当たっている。それは現役時代に自身が経験できなかったからこそ、という面もあった。光山が当時を振り返る。
「コーチとは違うんですけど、僕、近鉄のときに仰木(彬)監督が嫌いやったんです。ホンマにそれこそ信用どころか、『嫌われてる』と思ってたんですよ。試合でミスをしたら怒られるのは当然として、次の日、球場の通路で監督とすれ違ったとき、なにも言わずにじっと睨まれたり。ノーアウト満塁で監督が出てきて、ピッチャー交代かと思ったらキャッチャー交代で、自分がベンチに下げられたり……。あれほど恥ずかしいことはなかったですね。そんなんで1年間に5回か6回は抹消されて、『これ、二軍落ちの日本記録ちゃうか?』って思うぐらいに(笑)」
 光山は大阪・上宮高から1983年のドラフト4位で近鉄に入団し、プロ3年目から一軍の試合に出場。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)