ノルディックスキー新田佳浩。8年ぶりパラ金メダルまでの過酷な日々

ノルディックスキー新田佳浩。8年ぶりパラ金メダルまでの過酷な日々

ノルディックスキー新田佳浩。8年ぶりパラ金メダルまでの過酷な日々の画像

平昌パラリンピック冬季大会9日目となる17日、クロスカントリースキー男子立位10kmクラシカル。新田佳浩(日立ソリューションズ)が終盤での見事な逆転劇で、2冠に輝いた2010年バンクーバー大会以来となる金メダルを獲得した。


金メダルを獲得し、笑顔で平昌パラリンピックを終えた新田佳浩

「前回は取りたいと思って取った金。今回は苦しい展開でしたが、自分自身が最後まで諦めずに滑れば、結果は後からついてくると思って滑った。自分の力を出し切ることが一番大事だった」
 レースは1選手ずつ30秒差でスタートし、1周約3.5kmを3周回するコースで争われる。22人目に勢いよくスタートした新田はいきなり、板を滑らせる溝(カッター)の段差につまずき転倒するも、「まだ10kmある」と立ち上がった。
 3周目に入る手前のタイムは3番目だったが、ここからが新田の真骨頂。「金メダルだけのために練習してきた。こんなところで負けちゃいけない。自分ならできる」と言い聞かせながら、支えてくれたあらゆる人の姿を思い浮かべ、力にした。

「腕がちぎれても、足がちぎれても、心臓が壊れても、ゴールしたときに出し切らないと、後悔する」
 ラスト1周に入ってペースを上げた新田に対し、先行する選手には疲れが見えた。徐々に差を詰め、残り1.5kmではコース外で待機するコーチから2秒差でトップに立ったという情報を得る。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)