岡崎慎司の想い「プレミアで点を獲れば代表に…」はハリルに届くか

岡崎慎司の想い「プレミアで点を獲れば代表に…」はハリルに届くか

岡崎慎司の想い「プレミアで点を獲れば代表に…」はハリルに届くかの画像

「まあ、仕方ないですね」

 3月18日に行なわれたチェルシーとのFAカップ準々決勝後の取材エリアで、レスター・シティの岡崎慎司はそうつぶやいた。


岡崎慎司の投入で試合の流れはレスターに傾いたのだが......

 試合は、アウェーのチェルシーが先制したが、ベンチスタートの岡崎が68分からピッチに立つと、流れはレスターに傾いた。投入から8分後には、レスターが同点ゴールを奪取。しかし、逆転ゴールを奪えないまま延長戦に突入すると、延長前半にチェルシーに追加点を許して1−2で敗れた。昨季リーグ覇者のチェルシーを苦しめたが、レスターはベスト8で姿を消すことになった。

 とはいえ、岡崎の起用効果は大きかった。「守備がハマっていない感じがした」と語る岡崎は、投入前に次のように狙いを定めていたという。

「普通に(自陣で)待ってるだけじゃ(だめ)。相手ボランチの(エンゴロ・)カンテが自由にプレーしていた。だから、ボランチのカンテやセスク(・ファブレガス)をどうやって追い込むか。センターバックにプレスをかけながら、相手ボランチを潰しにいく。そこがハマれば、自分たちが優位に立てると思っていた」

 その言葉どおり、岡崎が相手をひとり、ふたりと追いかけることで、レスターの力強さと躍動感が蘇った。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)