大坂なおみ、ついに憧れのセリーナ戦へ。新たな時代の扉は開かれるか

大坂なおみ、ついに憧れのセリーナ戦へ。新たな時代の扉は開かれるか

大坂なおみ、ついに憧れのセリーナ戦へ。新たな時代の扉は開かれるかの画像

子どものころ、胸に密かに刻んだ「将来対戦したい選手リスト」が、大坂なおみにはあるという。
 そのひとりは、ビーナス・ウィリアムズ(アメリカ)。37歳を迎えた今もなお、テレビ越しに憧れの視線を向けたころと変わらぬ強さを見せる5度のウインブルドン優勝者とは、昨年のウインブルドンで対戦した。その試合では敗れるも、「尊敬する選手相手に、いいプレーができた」と自信を深めた大坂は、約4ヵ月後の再戦で「人生最高の勝利のひとつ」を掴み取った。

歓喜の初優勝から数時間後、大坂なおみはマイアミの地に飛んだ

 もうひとりの対戦を夢見てきた選手は、マリア・シャラポワ(ロシア)。テレビで戦う姿を見ては、そのたびに「彼女はいつもポーカーフェイスを崩さず、とてもクール。私もそうできたらかっこいいだろうな……」と、自身の未来を重ねてきたロールモデルだ。そのシャラポワとの対戦も、先週のBNPパリバオープン初戦で実現する。この試合での大坂は、シャラポワから学んだ「クールな姿勢」で揺れる心を制御して、盤石の勝利を掴み取った。
「シャラポワに勝てたことは、私にとってキャリア最高の実績のひとつ。この日が来るのを、ものすごーーく長いこと待ち望んでいたんだもの」
 シャラポワ戦の勝利後に、いつものクールな表情にいくぶん興奮の色を添えた大坂は、弾む声でこう続けた。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)