現地コロンビア番記者がW杯を分析。「今回は日本に楽勝はできない」

現地コロンビア番記者がW杯を分析。「今回は日本に楽勝はできない」

現地コロンビア番記者がW杯を分析。「今回は日本に楽勝はできない」の画像

ロシアW杯でグループHに入り、コロンビア(6月19日・サランスク)、セネガル(24日・エカテリンブルク)、ポーランド(28日・ボルゴグラード)と対戦する日本代表。2大会ぶりの決勝トーナメント進出に向けて、まずは初戦のコロンビア戦で何とか勝ち点を手にし、2戦目以降につなげたいところだ。だが、そのコロンビアには前回ブラジル大会の第3戦で対戦し、無残にも1−4と大敗を喫したことも記憶に新しい。


ケガも癒え、調子を戻してきたエース、ラダメル・ファルカオ

 日本代表は過去5回のW杯で、南米勢と同じグループに入った大会(1998年フランス大会、2006年ドイツ大会、2014年ブラジル大会)で、1度もグループリーグを突破できていないという嫌なデータもあるが、コロンビアをよく知る記者は、ロシア大会での日本とコロンビアの再戦をどう見ているのか。

 コロンビアの首都ボゴタ在住で、英紙ガーディアン、英誌ワールドサッカーなどに寄稿するジャーナリスト、カール・ワーズウィック氏に聞いた。

――まずはグループHの印象について聞かせてください。

「本命のいない、最も拮抗したグループのひとつだろう。ポット1(開催国ロシア、ドイツ、ブラジル、ポルトガル、アルゼンチン、ベルギー、ポーランド、フランス)の中からポーランドが入ったことについては、他の3カ国はホッとしているのではないか。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)