森保一監督がサンフレッチェ退任後に、世界中をまわって見てきたこと

森保一監督がサンフレッチェ退任後に、世界中をまわって見てきたこと

森保一監督がサンフレッチェ退任後に、世界中をまわって見てきたことの画像

森保一監督インタビュー@後編

 地元開催ということで、すでに日本代表は東京オリンピックへの出場権を獲得している。森保一監督に求められているのは、残り2年半でいかにしてチームを作り上げていくかだ。サンフレッチェ広島時代、若手を育成しながら3度のJ1優勝を成し遂げたその手腕は、どうやって磨かれたのか――。

「森保一監督インタビュー@前編」はこちら>>>


森保監督は広島退任後、各国をまわって見識を広げていた

―― サンフレッチェ広島でも、U−21日本代表でも、GKやDFから攻撃をビルドアップし、食いついてきた相手を剥がして攻め込む攻撃的なスタイルに取り組んでいます。広島時代の前任者、ミハイロ・ペトロヴィッチ監督の影響が大きいと思いますが、どんなところに共感を覚えているのでしょうか?

森保一(以下:森保) たしかに今やろうとしていることは、ミシャさんの影響が大きいです。広島で2年半、ミシャさんのもとでコーチをやらせてもらって、これは日本人に合ったサッカーだと感じたんです。予測して、素早くサポートして、連係、連動して、組織的に崩していくっていうところが特に。だから、ミシャさんからチームを引き継ぐことになったとき、僕自身もトライしたいとすごく思いました。

―― 一方で森保監督は現役時代、ハンス・オフトさんに始まり、多くの外国人監督のもとでプレーされています。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)