陣営も色めき立つ。キタノコマンドールも「世界のキタノ」になるのか

陣営も色めき立つ。キタノコマンドールも「世界のキタノ」になるのか

陣営も色めき立つ。キタノコマンドールも「世界のキタノ」になるのかの画像

2018年クラシック候補たち
第8回:キタノコマンドール

 まもなく始まる3歳クラシック。牡馬の第1弾となるGI皐月賞(4月15日/中山・芝2000m)に向けて、注目度急上昇中の馬がいる。

 栗東トレセン(滋賀県)の池江泰寿厩舎に所属するキタノコマンドール(牡3歳/父ディープインパクト)である。


2戦2勝で皐月賞に向かうキタノコマンドール

「世界のキタノ」ことビートたけし氏が名付け親となり、デビュー前から大きな話題となった若駒だが、決して”名前倒れ”の馬ではなかった。ここまで2戦を消化して、圧巻の強さを見せつけている。

 デビュー戦は、昨年12月の2歳新馬(12月23日/阪神・芝2000m)。スローペースのなか、直線で力強く抜け出すと、最後はサトノグロワールとの叩き合いをクビ差制して、初勝利を挙げた。

 そして、キタノコマンドールがまさにその真価を発揮したのは、2戦目のオープン特別・すみれS(2月25日/阪神・芝2200m)だった。

 この一戦もかなりのスローペースとなり、3〜4コーナーの中間から一気にペースが上がる”後半勝負”の展開となった。最後方を追走していたキタノコマンドールは、そこから一気にポジションを上げて、直線を迎えたときには先団に取りついていた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)