コロンビアがフランスを撃破。ハリルJとの「絶望的な実力差」を見た

コロンビアがフランスを撃破。ハリルJとの「絶望的な実力差」を見た

コロンビアがフランスを撃破。ハリルJとの「絶望的な実力差」を見たの画像

日本がマリと引き分けたのと同じ日の夜、日本がW杯初戦で対戦するコロンビアは、フランスとの親善試合を3−2で勝利していた。

 本大会でも優勝候補の一角をなすと予想されるフランスを相手に、しかも、およそ8万人の観衆が詰めかけた敵地サンドニで、0−2の試合をひっくり返してしまうのだから、その強さはさすがと言うしかない。正直、現在の日本代表が勝てる相手ではないと、強く思わされた試合だった。


フランスとコロンビアの親善試合は、3−2でコロンビアが逆転勝ち

 コロンビアの戦いぶりのなかで何より際立っていたのは、冷静かつ巧妙な試合運びである。その様子は、「南米のチームらしい勝負慣れ」と表現してもいいかもしれない。

 試合は序盤、ホームの大声援に後押しされるように、フランスがボールを支配する展開で進んだ。しかも、コロンビアはGKダビド・オスピナのファンブルという決定的なミスがあり、開始11分で先制点まで許している。

 しかし、コロンビアはここから徐々にボールポゼッションを高め、試合の流れを引き寄せていく。途中、攻撃時のバランスの悪さからカウンターを受け、2点目を失うという最悪の誤算があったにもかかわらず、だ。
 2失点目の直後にCKから1点を返したコロンビアは、後半に入ると、完全に主導権を握った。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)