センバツ初出場の府立・乙訓高校の選手が「強豪校にビビらない」暗示

センバツ初出場の府立・乙訓高校の選手が「強豪校にビビらない」暗示

センバツ初出場の府立・乙訓高校の選手が「強豪校にビビらない」暗示の画像

乙訓高校、甲子園初出場物語(前編)

 その都は、たった10年という短命がゆえに、幻の都と呼ばれた。

 位置的に奈良と京都に挟まれながら、長きにわたって正確な位置さえも不明で、時代的にも奈良時代と平安時代に挟まれて名前もついていない、まるでエアポケットのような都。

 それが長岡京である。

 今から1234年前の西暦784年、桓武(かんむ)天皇によって遷都された長岡京は、さまざまな制度改革や仏教のしがらみを断ち切り、蝦夷(えみし)の統治を目指すなど国家の立て直しを図ろうとしていた時期に建立された。しかし、幾多の水害や疫病に悩まされたことから怨霊のせいではないかと恐れられ、未完成のまま捨てられた、悲劇の都である。

 奈良時代と平安時代、平城京と平安京はよく知られ、奈良や京都を訪れる観光客は後を絶たないというのに、長岡京の跡地を訪ねてみようという人は決して多くはない。


春夏通じて初の甲子園出場を果たした乙訓高校野球部

 京都市の南西、およそ10キロの地にある長岡京市。

 タケノコの産地として知られ、美しい竹林は『竹取物語』の舞台になったという説もある。光明寺のもみじ、楊谷寺(ようこくじ)のあじさい、長岡天満宮のきりしまつつじ、乙訓寺(おとくにでら)のぼたんなど、四季折々の景観を楽しむこともできる。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 次へ

関連記事(外部サイト)