ポーランドも着々。ハリルJ以外は「もう戦術を磨く段階」という事実

ポーランドも着々。ハリルJ以外は「もう戦術を磨く段階」という事実

ポーランドも着々。ハリルJ以外は「もう戦術を磨く段階」という事実の画像

W杯ロシア大会出場国同士の顔合わせとなったポーランド対ナイジェリアのテストマッチは、ビクター・モーゼズのPKが決勝点となり、1−0でナイジェリアが勝利した。

 試合には敗れたものの、「下を向くことはない」と試合後のアダム・ナバルカ監督は振り返った。確かに、試合を通して多くの決定機を作り出していたのはポーランドの方だったし、序盤にロベルト・レバンドフスキがポストに当てたシーンで決め切れていれば、試合の流れは大きく変わっていたはずだ。


レバンドフスキを中心に組織的な攻撃を見せたポーランド

 何よりナバルカ監督にとって、多くのことをテストすることがこの試合の最大の目的だった。「このゲームから改善点がわかった。それを知るために新しいシステムを試した」と60歳の指揮官は言い切った。「多くの選手を試したかった」という言葉通り、21歳のダビド・コウナキが代表デビューを飾ったほか、負傷していたアルカディウシュ・ミリクが久々の復帰を果たしている。

 試したのは選手だけではない。この試合でポーランドは3−4−3を採用した。W杯予選は基本的に4−2−3−1で戦ってきたが、11月の2試合から新たに3−4−3に取り組んでいる。欧州予選を首位で通過したポーランドは、本大会に向けてさらなるバージョンアップを目指しているのだ。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)