4タコ&初戦敗退で甲子園を去る「未来の怪物スラッガー」が残した言葉

4タコ&初戦敗退で甲子園を去る「未来の怪物スラッガー」が残した言葉

4タコ&初戦敗退で甲子園を去る「未来の怪物スラッガー」が残した言葉の画像

今春のセンバツで新たなスターが誕生するなら、東邦(愛知)の石川昂弥(たかや/2年)かもしれない……。そんな可能性を感じていた逸材が3月26日、初めて甲子園の土を踏んだ。

 身長185センチ、体重81キロの見事な体躯。右打者ながらライト方向にもスタンドインできる長打力。小学6年時には中日ドラゴンズジュニア、中学時代はジュニアオールジャパン(NOMOジャパン)に選出され、順調にステップを踏んできた未来の怪物スラッガー候補だ。


花巻東戦は無安打に終わったが、強肩強打の内野手として注目を集める東邦・石川昂弥

 しかし、結果から言うと石川はまだスターになるには早かったようだ。4番・サードで出場した1回戦、石川は花巻東(岩手)の軟投派左腕・田中大樹の前に4打数無安打に終わった。

 凡フライ2つに、凡ゴロが1つ。そして貧乏くじのような守備妨害が1つ……。それが、石川が残した甲子園での全成績だった。

「1打席目(セカンドフライ)は芯で捉えられたので感じは悪くなかったのですが、2打席目に守備妨害を取られてしまって、動揺したのかもしれません」

 試合後、石川はそう振り返った。

 守備妨害のシーンはこうだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)