【木村和久連載】夢よ、覚めないで…。若い美人キャディーさんと妄想

【木村和久連載】夢よ、覚めないで…。若い美人キャディーさんと妄想

【木村和久連載】夢よ、覚めないで…。若い美人キャディーさんと妄想の画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第149回

 先週好評だったので、今週も引き続き、”若いキャディーさんシリーズ”のパート2をお送りしたいと思います。

 若い女性キャディーさんとのプレーは、まさに永遠の青春歌謡曲『若いってすばらしい』(作詞:安井かずみ 作曲:宮川泰)の世界で、日本の高度経済成長期を思い出しますなぁ。

 ラウンド前の挨拶を終えたら、まずはキャディーさんの”源氏名”を決めます……って、それじゃあ、まんまキャバクラじゃん。

 さすがにそれはマズいのですが、ファーストネームを聞くのは差し支えないと思います。鈴木さんとか、井上さんと呼ぶよりは、「かほりちゃん」や「めぐみちゃん」と言うほうが、より親近感が増し、心拍数が上がります。

 ちなみに、夜の街のエキサイティングな高級店では、逆に苗字がついていたりします。「高橋」とか「山田」とか名乗る女性がたまにいます。それは、どうしてでしょう?

 店の名刺を奥さんに見つかったとき、「ハニートラップのエンジェル」みたいな名刺より、「○×興業の高橋」と書いてあるほうが、バレても被害が最小限に済むという判断から、そうなったとか。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)