「メッシ後継」を探すバルサが惚れた、あの童顔ストライカーの息子

「メッシ後継」を探すバルサが惚れた、あの童顔ストライカーの息子

「メッシ後継」を探すバルサが惚れた、あの童顔ストライカーの息子の画像

リーガエスパニョーラ第32節、バルセロナはホームで3位バレンシアを2−1で下した。チャンピオンズリーグではローマに敗れたものの、リーガでは新記録となる39試合連続無敗を達成。2位アトレティコ・マドリードに勝ち点11差をつけ、首位を独走している。
「かつてないほど、メッシをジムで見かけるようになったよ」

 リオネル・メッシのチームメイトであるイバン・ラキティッチ(バルセロナ)の言葉である。メッシの30歳という年齢は、トップアスリートにとってひとつのヤマとなる。フィジカルコンディションを維持するのは簡単ではない。厳しく鍛えることで失いかけた肉体の力は戻せるが、いつしか神がかった力は戻ってこなくなる。世界最高の選手であるメッシも、そのタイムリミットは近づいている。


自身もバルセロナでのプレー希望を隠さないユスティン・クライファート(アヤックス)

 現場は日々の勝利が主眼になるが、フロントは次の準備に備えなければならない。バルサは「メッシを継ぐ者」を探す必要があるのだ。

「ひとりでも、集団でも、守備陣を切り崩し、決定機を作れる」

 バルサの下部組織であるラ・マシアは、そういう選手を追い求め、鍛え上げてきた。メッシはそのフィロソフィーの中で生まれた最高傑作である。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)