「打倒中国」はもう夢じゃない。日本史上最強メンバーで世界卓球Vへ

「打倒中国」はもう夢じゃない。日本史上最強メンバーで世界卓球Vへ

「打倒中国」はもう夢じゃない。日本史上最強メンバーで世界卓球Vへの画像

4月29日から、スウェーデン・ハルムスタッドで開催される世界卓球2018。テレビ東京でスポーツ番組のキャスターを担当し、ワールドカップ、アジアカップなど、卓球の取材を重ねるテレビ東京の福田典子アナウンサーが、注目しているポイントを語ってくれた。

 5つのメダルを獲得した2017年の世界卓球・個人戦。個人戦と団体戦を毎年交互に行なっているため、今年は日本が史上最強メンバーで団体世界一に挑みます。

4月20日の記者会見と壮行会に出席した、世界卓球に出場する日本代表メンバー photo by Tamura Sho/AFLO SPORT



 まず、世界卓球2016マレーシアで39年ぶりに銀メダルを獲得した日本男子代表チーム。世界の頂点を目指すうえで、”打倒中国”の期待を大きく膨らませてくれたのが、14歳の張本智和選手です。

 4月上旬に横浜で行なわれたアジアカップの予選リーグで、張本選手は中国の世界ランク1位の樊振東(ハン・シントウ)選手を相手に、互角以上の戦いを披露します。第3ゲームを奪って2−1と先手を取ると観客席が「まさか……」とザワつきはじめ、第4ゲームも制して勝利を決めた瞬間には会場が大歓声に包まれました。

 中学3年生になったばかりの張本選手が成し遂げた偉業に、取材に訪れていた私も大きな感動を覚え、思わず立ち上がって拍手を送っていました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)