【木村和久連載】元首相・田中角栄生誕100年に想う、我がゴルフ人生

【木村和久連載】元首相・田中角栄生誕100年に想う、我がゴルフ人生

【木村和久連載】元首相・田中角栄生誕100年に想う、我がゴルフ人生の画像

専門誌では読めない雑学コラム
木村和久の「お気楽ゴルフ」連載●第160回

 今年は、田中角栄元首相の生誕100年だそうです。

 そんなニュースを聞いたと思ったら、そのすぐあとに「中曽根康弘元総理が100歳になった」っていう報道が……。えッ、どういうこと?って思いましたよ。

 実は、田中角栄氏が1918年5月4日生まれで、中曽根康弘氏も1918年5月27日生まれ。ふたりは同じ年に生まれて、生まれた月も一緒だったんですね。田中角栄氏は1970年代、中曽根康弘氏は1980年代の首相でしたから、てっきり違う世代だと思っていたので、ちょっとびっくりしました。

 このふたりは、ゴルフ好きな首相としても有名でした。まずは、そこら辺のお話からしていきましょう。

 田中角栄氏のゴルフにまつわるエピソードと言えば、なんと言っても、軽井沢ゴルフ倶楽部の当時の理事長、白洲次郎氏との”攻防”ですよね。

 軽井沢ゴルフ倶楽部は、日本一入会が難しいコースであり、日本一ビジターがプレーしづらいコースであり、そして日本一アットホームなコースとしても有名です。

 最近では、コースを丸ごと買えるぐらいのお金を持っている、某通信会社のオーナーが入会を断られていますからね。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)