プロ野球「一軍・二軍ボーダーラインの心理」。ヤクルト谷内亮太の場合

プロ野球「一軍・二軍ボーダーラインの心理」。ヤクルト谷内亮太の場合

プロ野球「一軍・二軍ボーダーラインの心理」。ヤクルト谷内亮太の場合の画像

今シーズン、個人的に活躍を期待していた選手のひとりにヤクルトの谷内亮太(やち・りょうた/6年目/内野手)がいた。昨年の松山(愛媛)での秋季キャンプで、そのパフォーマンスの高さに驚かされたからだ。だが現在、あらためて「プロの世界の厳しさ」に直面している。

今季、ファームでは高打率をキープしているヤクルトの谷内亮太

 谷内の今シーズンは、西都(宮崎)の二軍キャンプから始まった。
「これまでは一軍キャンプ(沖縄・浦添)でスタートしていたので、まずは自分の置かれている現状を思い知らされました。ただ、キャンプ最初に高津(臣吾)監督が『二軍スタートになったけど、10月に笑っている人間が勝者だから』と話してくださって、それが心に響きました。10月に笑っていられるように、ほかの選手のことは気にせず、自分の技術を磨くキャンプにしようと、気持ちの整理ができました」
 二軍キャンプでも、谷内のパフォーマンスの高さは際立っていた。
 たとえば”連続ティー100球”で、コーチは高低・緩急を使い、選手たちに楽をさせないようにトスをあげる。多くの選手は途中から悲鳴を上げ、スイングが波打つこともしばしば。そのなかで谷内は、機械のように強く正確なスイングを最後まで繰り返すのである。
 橘内基純(きつない・もとずみ)トレーナーは「突出した部分が見えにくいですが、どの分野でも平均以上の力があることが魅力の選手です」と、谷内のフィジカル能力について語る。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)