プロ野球「一軍・二軍ボーダーラインの心理」。ヤクルト谷内亮太の場合


 今までは引っかけたゴロが多い印象だったので、そういう”凡打”を少なくしていこうと。もちろん、いい打球がアウトになったり、よくない打球がヒットになったりすることもあります。それが野球なんですけど、今シーズンは『今のボールに対する入り方はよかったな』とか、なにかしら自分が納得できる打席がつくれるようになったと思います」
 二軍の松元打撃コーチは、谷内について次のように語る。
「今年は配球の勉強に力を入れています。たとえば右打ちをしたい場面で、相手バッテリーはそうさせないようにインサイドに投げてきます。その(配球の)タイミングなどを勉強していて、それが打率にもつながっていると思います。これをすると決めたら、最後までやり続けることができる。お手本のような選手です」
 5月22日、谷内はファームで打率.364を残し、待ちに待った一軍昇格を果たした。それまでの時間を、どんな気持ちで過ごしていたのだろうか。
「野球をすること自体、一軍でも二軍でも同じです。僕ができることは、いつ上(一軍)に呼ばれても後悔しないように、下(二軍)でしっかり準備することでした。それを忘れなかったからモチベーションを切らさずにプレーすることができました。一軍ではバッティングで結果を出して、そこをほかの選手との違いにできればと思います」
 しかし、現実は厳しいものとなった。

関連記事(外部サイト)