プロ野球「一軍・二軍ボーダーラインの心理」。ヤクルト谷内亮太の場合

捕球の基本もわからなかった頃なので、遊び感覚でしたよね。今は捕球をより正確にするために取り組んでいます」
 そんな谷内を見ていて、ふと2年前のことを思い出した。それについて谷内に聞いてみた。
―― 2年前、死球により右手を骨折。あのシーズンは開幕から23試合で打率.300と好調を維持し、プロ4年目でレギュラーの座をつかみかけていました。
「うーん、痛いのは痛かったです。自分のなかでもノッテる段階でしたので。ただ、あのケガがあったから、今の考えでやれているのかなと思っています。死球による骨折が原因でレギュラーを逃したという考えは一切ないです」
 6月25日、谷内は二軍降格を通告されるも、7月6日に再び一軍の舞台に戻ってきた。このチャンスを機に「10月に笑っていられる選手」となれるのか。谷内の戦いはまだまだ続く。
◆「お前ら負け犬か」石井コーチの檄からヤクルトが王者になっちゃった>>
◆ヤクルトに献身する坂口智隆。バレンティンも「グッチとは通じ合う」>>

前へ 1 2 3 4 5 6

関連記事(外部サイト)